菊池川遍路

 2.3日、細かいスケジュールはあまり決めずに

 のんびり熊本の菊池川に来られてみませんか。

 

巨大なテーマパークや都市部の駅ビルやアウトレットはありませんし

インスタやミシュランに頻繁に登場するお店も少ないですし

インバウンドのお客様もとても多いとまでは言えませんし

交通の便もとても良いとまでは言えませんが、

 

本来の姿に近い四季折々の山や川の自然

 山の幸と川の幸、滋味あふれる旬の味わい

  どこか懐かしい慎ましい生活とそこに暮らす温かい人々・・

 

おそらく、現代の日本人にとって、とても価値のあるお時間、

「自分の見つめ直し」「人生の振り返り」の旅となることでしょう。

 

 

露一つ露に呑まれてこぼれけり

 

雲上の宮に尽きたる落葉径

 

草いきれ道に迷えばさらに濃く

 

紅葉散る奥へ一縷の水の音

 

差し交す紅葉に底の知れぬ渓

 

人声の去りて蛍は星となる

 

南朝の誉は永久に菊人形

 

一族の誉を今に菊人形

 

匂い立つ菊人形の丈夫振り

 

奔放に生きるもよろし乱れ菊

 

朗々と鴬のごと語りたし

 

命あるごと草掴む蝉の殻

 

秋の蝉眼の濡れてゐるやうな

 

生かされて長き晩年草の花

 

落城のごと大銀杏黄落す

 

隠沼の風震はせて鳰の笛

 

一枚の空千枚の青田かな

 

一水を染めて流るる紅葉渓

 

湖底には歴史眠りて暮早し

 

石蕗の花静かに暮れる神の庭

 

朴の花天女の休みどころかも

 

旅先の足湯ほのぼの春隣

 

菖蒲湯にほぐるる古希の五体かな

 

蔵米を運びし川や花菖蒲

 

よへほ節大地ゆらりと踊り初む

 

ダム湖より河鹿の嘆き聴く夜かな

 

涸れ滝に一縷のいのちありにけり

 

枯蔓のなほ引き返す力あり

 

開拓碑古りし沃野に雲雀鳴く     

   

笹子鳴く遁れきし皇子眠らせて

 

稜線のうねりだしたる初茜

 

零余子飯遠き思い出話など

 

子雀と遊んでをりし鬼瓦

 

寒梅を一輪咲かせ風去りぬ

 

くれなゐの莟ほどきて梅真白

 

風となり光となりて凧

 

夕暮れを遅らせてゐるかいつぶり

 

めでたさや静かに酌まむ菊の酒

 

露けしや重朝公の夢の跡

 

石清水心の錆を解しけり

 

大地震の渓鎮魂の紅葉かな

 

落石の菊池渓谷川とんぼ

 

春の水大海原へ走り出す

 

谷深く日矢を拾うて鳴く笹子

 

指の先より迫り来る紅葉冷

 

梢伸ばし切つて春待つ一樹かな

 

滝凍てて音なき音を落としけり

 

昃れば心許無し冬桜

 

身に入むやダムに沈みし村のあと

 

釣られたる若鮎山の色放つ

 

神鈴に白梅仄と香り立つ

 

奥宮の階染めて散る紅葉

 

郷愁や古木の匂ふ濃紅梅

 

石橋の匠の技や風光る

 

青き踏む大地の声を聞きながら

 

惜春の石橋ほのと日の温み

 

上流へ魚影一瞬夏来る

 

一章を閉ぢたる如く花は葉に

 

力秘めたるぼうたんの蕾かな

 

水音へ消えてしまいし糸蜻蛉

 

地震歪みせし北窓を開きけり

 

糸柳肩の力を抜いてをり

 

春愁を流るる水に乗せにけり

 

ゆきずりの雨の茅の輪を潜りけり

 

囀りや寡黙貫く夫に添ふ

 

笑い声とは春風に乗りやすし

 

青空にのびよ伸びよと穂麦かな

 

迷ひつつ前へ前へと蜷すすむ

 

春あさき奥の院への行者道

 

雲流れ峡動き出す緑川

 

用水の群れる小魚麦青む

 

濁流に踏んばる木橋走り梅雨

 

滝仰ぎ声まで濡れてをりにけり

 

決断はいつもゆつくり竹の秋

 

石橋の称へてをりぬ山桜

 

抱き上ぐる子の手に花の触るるまで

 

龍神話かすみも怪し御船川

 

石橋のアーチなぞりて燕来る

 

木蓮に夕日眩しき別れかな

 

暮れなづむいで湯の宿に初音きく

 

山並みの果てはむらさき鳥帰る

 

生き直す力漲る蘖ゆる

 

鮎の子の光となりて溯る

 

帳場の灯瀬音に揺らぐ鮎の茶屋

 

野遊びの子らは疲るること知らず

 

一閃の翡翠水面を切り裂けり

 

若菜つむひかりの雫したたらせ

 

七滝の杜に河鹿を聞く夕べ

 

稲実る通潤橋は水の道

 

甘茶仏一杓ごとにかがやきぬ

 

布田翁の治水の堰や藤の波

 

せせらぎにこゑ磨かれて初河鹿